一般社団法人に理事全員の選任決議取消しの地裁判決

中小企業診断協会

一般社団法人 山形県中小企業診断協会に判決

理事選任決議取消し判決下るー山形地裁  27年3月11日

一般社団法人 山形県中小企業診断協会(代表理事:五十嵐幸枝)に対し、山形地方裁判所は平成27年3月11日、同診断協会が平成26年6月の定時社員総会において選任した五十嵐幸枝ほか現理事5人の選任の決議を取り消すとの判決を言い渡しました。

  • 被告敗訴となリました。原告の主張の正当性を、ほぼ全面的に認めた判決となりました。同判決は、被告の山形県中小企業診断協会は控訴を諦め、判決は27年3月27日確定いたしました。
  • 一般社団法人山形県中小企業診断協会の登記簿に記載されている代表理事及び理事の登記事項は、裁判所からの嘱託登記により抹消されました。
  • 同判決には「対世効」があるため、新役員が選任されるまでの間、役員による外部(第三者)への業務執行ができなくなりました。新役員の選任が急がれます。

詳しくは私のホームページ「和多田コンサルタンシー」に掲載しています。

私が作成し、地裁で事件受理されたときの「訴状」及び「判決書」を私のプロフィルのページに載せておきました。参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする