山形新聞社の新幹線化の記事の「取り残された庄内地方」の認識があれば、山形県内の新幹線化は「山形新幹線の庄内地方延伸」が優先では?

山形新聞社の新幹線記事「取り残された庄内地方」との地域認識であれば、テーマは「庄内地方新幹線化」のはず、なぜ県央部だけののフル規格化?ー遠藤利明代議士山形新聞社によって仕組まれた記事では?

山形新聞は、「庄内地方」に下記の地域認識を持っている。この記事文面からは、山形新聞の新幹線キャンペーンタイトルは、高速交通網がスッポリ抜けた地域対象の、「取り残された庄内地方に山形新幹線延伸を!」でなければならないはず。

  1. 取り残された庄内(上)
    http://yamagata-np.jp/…/full_shinkansen/kj_2017120100018.php
  2. 取り残された庄内(中)
    http://yamagata-np.jp/…/full_shinkansen/kj_2017120100018.php
  3. 取り残された庄内(下)
    http://yamagata-np.jp/…/full_shinkansen/kj_2017120400074.php

それがなぜ、「山形に新幹線フル規格化(県央部への)」なのか? その答えを解く鍵は、衆議院議員・遠藤利明氏の存在だ。遠藤利明氏は、東京では「口利き政治家」として知られ、多額の裏献金受取疑惑が持たれており、選挙民である山形県民として恥となる行為です。

巨大投資となる同計画案は、それに群がる政治行動パターンとなりやすい要素を持っている。一人の政治家の嗅覚に依存するのではなく、「取り残された庄内」と言う認識は、山形新聞ののみならず、山形県民全体の認識だと思います。この認識を持つ庄内地方住民が、「秋田延伸のフル規格化新幹線キャンペーン」に賛成するはずはありません。この案に山形県全域の総意で賛成しているはずがありません。何を以て山形県民総意の下での推進活動と言えるのでしょうか? ましてや遠藤利明氏の東京での口利きで大金の袖の下を取る行動は、彼を選任した山形県民にとってとても恥ずかしい行動です。彼が主導のキャンペーンにはとても賛同できるものではありません。真の政治家は、山形県住民が認識する「取り残された庄内」を真に正常な状態に取り戻すために地域発展のための政治行動であって欲しい。

政治家の政治力を、「口利きと裏金」の臭いのする政治行動パタンに期待するのは、邪道です。山形県民はそれ程汚れた心を持っていないはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする