どうして「重要港湾」を持つ酒田市に、まともな幹線鉄道・幹線道路がないの?

東北地方の地図から見た、山形県「庄内地方」の交通網の不思議 ー中小企業診断士からの視点

転勤で全国各地に居住経験を持ち、今は酒田市に住んでいる者として、今特に強く感じている事があリます。

それは東北地方の地図を広げてみて、山形県・庄内地方から周辺地域や隣接県に視点を広げて地図を眺めてみたときに感ずる不思議です。

地図を見てみましょう。
日本での「重要港湾」(酒田市)が存在する庄内地方が明らかにこの地域の幹線鉄道、幹線鉄道が庄内地方で途切れ、庄内地方にはまともな幹線鉄道、幹線鉄道が存在しないことです。。

「新幹線鉄道」をみてください。 全くありません。
「高速道路」をみてください。  酒田市で途切れています。
「一般国道」をみてください。  未だに「魔のカーブ」の警告版が存在する国道です。

も一度、幹線鉄道、幹線道路が記載された地図を見てください。

9月3日付「山形新聞」朝刊2面の記事を見てください。
私は山形新聞の購読者ですが、の今では、「山形県」扱いとなる「新幹線ワーキングチーム」とやらが取り上げる「フル規格化」が大手を振って、あたかも山形県全体がこの意向に賛同しているかのような様相となっています。

わたくしがこれまで多くの県で住んだ経験かった、山形新聞社による吉村県知事の意向に沿って紙面を多くさく「山形新幹線のフル規格化」の取り上げ方には少なからず違和感を感じます。独占地方新聞社による吉村知事寄りの力の入れようには、大変驚いております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする