JA全中改革の受け皿ー一般社団法人

JA全中の解決の受け皿となった「一般社団法人」とは

  • 「一般社団法人」は、公益法人制度改革関連の一つとして成立した「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づく法人で、平成20年12月1日から施行された比較的新しい法人形態です。それまでの中間法人法は廃止され、手続きを経て一般社団法人に移行することになります。
  • 一般社団法人は『準則主義』という考え方に基づいて設立・運営されております。さらに社員の議決権は、資本団体たる株式会社の議決権とは異なり、社員平等に、議案ごとに、各1個の議決権を有します。役員選出についても、1立候補者ごとに1議案扱いとします。これが株式会社等と大きく異なります。
  • 一般社団法人化した場合には、これまでの特例法人や資本団体としての株式会社などの法人とは大きく異なり、事業運営には注意が必要です。注意すべき事項は多岐にわたりますが、まず運営実例をみてその問題点を感じていただければ良いのではないかと思います。
  • 私が所属している団体も、「一般社団法人 山形県中小企業診断協会」といい、やはり同法人法の下での運営を行っております。運営の実態を説明しています。まずは上記リンク先をご覧ください

和多田コンサルタンシー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする